きのこ狩り きのこ狩り きのこ狩り

オオギタケ

オオギタケ.JPG オウギタケ.JPG
(画像クリックで大きく)
オオギタケ(食)

昨日カヤタケの編集していて、この画像もなんだかカヤタケに似ているような気がしましたので記載する事にしました。

実物の傘の大きさは直径4cmくらいですから、カヤタケに比べたら大分小型です。

今までに何度も画像を撮ろうと思ってはいたのですが、虫食いが酷かったり、近くに必ずといって良いほどにアミタケが発生していてアミタケの採取にどうしても気がいってしまい画像に収められませんでした。

10月末、森のきのこ狩りは終焉を迎えキヌメリガサ(コンキタケ)や下の方では開ききったチャナメツムタケ、キシメジ、ヤギタケ、シモフリシメジなどが出ているくらいでした。

たまに老菌に近い大きなアミタケが単発に見つかります。

アミタケが生えていると言う事は、オオギタケも生えている?オオギタケが生えてると言う事はアミタケも生えている。

なんて思いながら時間は過ぎてしまい、最後の出口付近でこのオオギタケを見つけました。

この画像を撮っていると、道路に出ていた皆が騒いでいます。

慌てて駆けつけてみるとMさんが大きな紫シメジ5本を見つけていました。この日の最終美でしょう。


地方名
   モチキノコ、カヤモダシ、ウスゴロモ、イグチノハナ、アカタケ

時期
  7〜8月、9月中〜10月

場所  
  松林の地上、アミタケとよく混生する。
  
特徴
  傘の直径3〜6cm、淡紅色で粘性がある。

  柄は白色で下部ほど細く淡紅色、綿毛状のつばを持つ。

  白色のひだが薄黒く変るのが特徴。

料理
  汁物やおろし和え、洋風のスープなどにもあう。

参照:フィールドガイド10 きのこ 小学館 菅原光二 著

















カヤタケ

カヤタケ.JPG カヤタケ2.JPG  カヤタケ(食).JPG カヤタケ.JPG
(画像クリックで大きく)
カヤタケ(食)  

10月中旬、美女3人のお供でキノコ狩り

あまり深くに入山出来ず、しかも3連休の最後の日とあって何処もかしこも先人の跡があり移動を繰り返しました。

本命のシモフリシメジは数本しか採取できずに、チャナメツムタケのポイントに移動。

群生はなく、殆どのチャナメツムタケは倒木の下や草叢にポツンポツンと隠れているように生えているようでした。

美女3人、本来ならば黄色い声が飛び交うのですが、いやに静かです。

あそこの見晴らしの良い所まで行ったら引き返そうと、キシメジやチャナメツムタケを採取しながら進んで行くと、開けた尾根筋に3本の中型カヤタケを見つけました。

ここで、引き上げ。 

エッサラホッサラ道路に出て歩いていると、ガードレール下に赤っぽい大きなキノコが見えました。

何だろうと思っている間もなく、Yちゃんがガードレールを飛び越えて赤ッポイ大きなキノコを持ってきました。

「アレ!これはカヤタケだよ〜!」 
「ええ〜?食べられるんですか?まだ大きいのが何本かありますよ」

案内されてブッシュ下に行って見ると、大きいカヤタケが5本並んで生えていました。(もちろん採取してきました)

次の移動では本命のシモフリシメジが沢山採れ、しかも大きなクロカワまで見つけました。

注意:小さ目のカヤタケは毒キノコのドクササコにチョット似ていますが、ヒダの色は白色で柄の根元は綿毛を帯びています。

いずれにしろ慣れない方は採取しない方が無難だと思います。

地方名
   ジョウゴタケ、アケボノシメジ

時期
   秋

場所
   林内の土壌、落ち葉、朽木の上。

特徴
  傘の径4〜12cm。

  初め中央が僅かに窪んだ丸山形であるが、後開いて扁平になり、
  さらに周縁部が反り返って漏斗形になる。

  傘の表面は淡い肉色〜淡赤褐色で、中央部はやや濃色であるが
  、古くなると全体に白っぽくなる。

  傘の中央部は細かい鱗片がある。

  肉は白色で薄い。

  傘裏のひだは白色で密、茎に長く垂生する。

  茎は高さ3〜8cm、太さ4〜10mmで、内部は充実。

  茎の表面は傘面と同色、またはやや淡色。

  根元には白色で綿毛状の菌糸がついており、落ち葉や
  土壌に連なる。
  
  似た仲間にお酒を飲みながら食すると酷く悪酔いすると言われてい
  るホテイシメジや猛毒のドクササコなどがあります。

参照:きのこ、木の実、山菜、カラー百科 主婦の友社

続きを読むは簡単な料理や下処理です、宜しかったらご覧になって下さい。
















続きを読む

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。