きのこ狩り きのこ狩り きのこ狩り

ヤマドリタケ

ヤマドリタケ.JPG ヤマドリタケ 3.JPG ヤマドリタケ.JPG ヤマドリタケ.JPG
(画像クリックで大きく)
ヤマドリタケ(食)

未知の森に一人で分け入る。
コメツガやトウヒと石楠花の入り混じる森は静かだ。

根元には緑の苔の絨毯が何処までも続く。
キノコを探しに分け入ったのだが、何も生えていない。

でも、なんとなく気持ちが良いのでプラプラ歩く。

暫くして、「ホホウあったあった」ツガタケがヒョッコリ、ヒョッコリと頭を出している。
7〜8本採取して、またプラプラ歩く。

上から苔の絨毯を見下ろすと、緑の中に赤っぽい傘のキノコ????

ヒョットして...ヤマドリタケかな?なんて思いながら近寄ってみたら、ヤッパリそうだった。
傘の半開きのと蕾んでいるのが、仲の良い兄弟のようだった。

付近を探して4本ほど追加。

このキノコはスライスして乾燥、調理すると独特の香りとほんのりの甘みがあり、旨いきのこなのだ。

ヨーロッパではボルチーニとかセップなんて言われて最高級キノコらしい。
私、個人的にはソテーとかパスタの具にすると良いように思います。
ボルチーニパスタ.JPG



地方名
   ???????一応調べてみたのですが....。
   見当たりませんでした。

時期
   夏〜秋

場所
   トウヒなどの針葉樹林地上に群生。

特徴
   大型。傘は半球形から饅頭型そして平らに開く。
   縁は幅の狭い薄膜状で白色に縁取られる。

   表面は橙褐色〜帯黄褐色。
   若い時期から湿時に粘性があり、平滑。

   管孔は直生〜上生し黄白色〜淡黄褐色。
   成熟するとオリーブ色。

  孔口は初め白色の菌糸でふさがれ、のち管孔と同色。
   円形で小型。柄は下方が太く、中実。

   表面はカサより淡色〜淡黄土褐色〜肌色。
   上部ほど明瞭な網目模様に覆われる。

   肉は白色で変色性はなく、無味。
   乾燥すると独特の香りがある。


参照 文一総合出版 ポケット図鑑 日本のきのこ262 柳沢まさよし
  

キタマゴタケ

キタマゴタケ.JPG  キタマゴタケ 1.JPG
(画像クリックで大きくなります)
キタマゴタケ(食)

キノコ狩の大好き家族。

昨年は私一人でのキノコ狩が殆どで、家族皆から白い目で見られていました。

せっかく採ってきたマツタケも食べようとしてくれなかった。

オカアチャンのリハビリを兼ねて皆で近くの都立公園へ行きました。
(ここなら何かキノコが出ているのではないか?ヒョットしたらオカアチャンや皆のご機嫌が....知れないなんて思ってね)

まだ歩けない孫をバギーに乗せながらの森林浴。

皆の目は散策道の両脇をキョロキョロ。
知らない人が見たら、何か大事な物でも落として探してるのかな?なんてきっと思うでしょうね。

歩き始めて直ぐに、嫁さんがバギーを押しながらキノコを見つける。
多分ですが、モエギアミアシイグチ(毒) <span style=ではないかな?

先を歩いていた長男「なんだか黄色いキノコが一杯あるよ〜」の声がする。
行って見ると
ニガクリタケ(毒)だった。

坂を下ると小さな草原、ここにはムジナタケが数本とノウタケが生えていた。
両方とも食べられると言うけれど、食べる気がしないねなんて言いながら歩く。

今度は緩い登り坂、私がバギーを押す。乗っている孫はスヤスヤとおねんね。

先に坂を登り終えた長男の声。
「父〜さん〜!タマゴタケだと思うのだけれど、ここのは黄色いよ〜」

「エ〜!猛毒のタマゴテングタケじゃないのか〜?待ってろ〜」バギーを押しながら登りきると.....。
「あらま、ほんとだ!コリャ〜キタマゴタケだよ」
久しぶりに見たキタマゴタケでした。



時期
  夏〜秋

場所
  林内の地上に発生。

特徴
  中〜大型
  タマゴタケの亜種で形態的にはまったく同じであるが、色が異なる。

  傘は橙黄色〜黄土色で周辺部は黄色。

  柄は黄色の地に橙色のだんだら模様があるが、タマゴタケより橙色
  が少ない。

料理
  タマゴタケと同様
  (個人的には煮込みうどんに入れて食べるのが好きだな)

参照 
山渓フィールドブックス10 きのこ 本郷次雄 /監修.解説


注意:このキタマゴタケに似た猛毒きのこのタマゴタケモドキやタマゴテングタケなどがあります。

はっきりと同定できないのは絶対に食べないで下さい

























PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。