アミハナイグチ

アミハナイグチ

アミハナイグチ.JPG  アミハナイグチ 1.JPG
(画像クリックで大きく)
アミハナイグチ(食)

このキノコの傘、ドラ焼きとか、なんとかと言う茶菓子に似ていますね。

見た目はあまり美味しそうでないですが、3年前に初めて食べてみました。

食べたといっても沢山のキノコケンチンの中に入れたので単独ではありません。

食感などはアミタケに似ている様な気がしますが、アミタケの薄い感じといった方が良いかな?でもワリといけました。

傘を見るとザラザラしているように見えますが、食べてみるとチョットヌルっとしています。

今まではキノコケンチンの一員でしたが、今度は単独で食べてみます。


地方名
     カステラ?ラクヨウショ。

時期
   秋

場所
   カラマツ林地上に群生。

特徴
   中型、傘は黄褐色〜褐色で軟らかい鱗片に覆われる。

   孔口はアミ状で黄色のちに汚黄土色。

   柄にはつばをもち、つばより上部は黄色。

   下部は傘と同色で細鱗片状、中空。

   肉は傷ついても変色しない。

 
参照 山渓フィールドブック10 きのこ 





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。