クリタケ(食)とニガクリタケ(毒)

クリタケ(食)とニガクリタケ(毒)

クリタケ.JPGクリタケ (食)
クリタケ 1.JPGクリタケ(食)

ニガクリタケとフサヒメホウキタケ(毒).JPG ニガクリタケとフサヒメホウキタケ(毒) このニガクリタケ(毒)はクリタケにチョット似ています。

〓〓〓〓〓??i??j.jpg  ニガクリタケ(毒)
(各画像クリックで大きくなります)        

10月21日に群馬の甥っ子達と行った時の事です。

アンチャン(私の事)これ見てくれるというので、腰籠の中を覗くとニガクリタケ(毒)の立派な株がドンと入っていました。

「見ようによっては美味しそうなんだが...。ニガクリタケと言って毒キノコだよ」と捨てさせました。(ご本人はガッカリした様子でしたが)
きのこ狩りも終わって選定の時にもニガクリタケ(毒)の株がまた入っていました。

「お前な〜死にたいの?チョット茎を齧ってみな、苦いから」「これ食べて亡くなった人もいるんだよ」と良〜く観察させました。

10月27日、今度はオカアチャンがクリタケを見つけました。

行く前の日に、我が家の原木にクリタケが出ていたので、良く見ておくようにと見させておいたのが
正解だったようでした。
クリタケ.JPG> (原木栽培のクリタケ) 


画像のクリタケ(食)レンガ色、 ニガクリタケ(毒)硫黄色 とはっきり解りますが、中にはどっちともつかない色あいのもあります。

そんな時は採取を諦めるか、茎をチョット齧ってみましょう。ニガクリタケは苦いです。
但し、タバコを吸う人は苦さが解らない場合があります。

注意:絶対に飲み込まないで、直ぐに唾と一緒に吐き出して下さい。

ニガクリタケ(毒) はニガクリタケの項でご覧になって下さい)



クリタケ(食)

 地方名
     アカボッチ、クリカックイ、ボリメキ、アカンボウなど。
   
時期
  9月中〜11月中頃

場所
  広葉樹林内の倒木、切り株上に束生する。

特徴
  傘の直径3〜8cm、表面は明るい栗色で周辺部に
  白い綿毛状の鱗片をつける。

  柄の上部は白いが下部はくすんだ赤黄色で長さ5〜10cm。

  ひだは淡黄色から灰紫色にかわる。



参照:フィールドガイド10 きのこ 菅原光二 著

  
続きを読むは下処理や料理方です。良かったらご覧下さい。















下処理
   綺麗に採取した物であれば、軽く水洗いしてから水分を取    ります。
   ゴミや虫などがついていたりしていた場合は熱湯に潜らせ
   てから水洗いが良いと思います。

料理
  風味にクセがないのでどんな料理にも良いと思います。
  ケンチン汁、鍋物、天麩羅、バター炒め、玉子とじなど

  昨晩は鱈と共にバター塩コショウでホイル焼きにしていただきました。

  出汁が出てとても旨かったです。

  下に残った出汁はお昼のキノコスパゲッテーに使いました。

  これもまた美味かったです。
  
  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108823616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。