オオギタケ

オオギタケ

オオギタケ.JPG オウギタケ.JPG
(画像クリックで大きく)
オオギタケ(食)

昨日カヤタケの編集していて、この画像もなんだかカヤタケに似ているような気がしましたので記載する事にしました。

実物の傘の大きさは直径4cmくらいですから、カヤタケに比べたら大分小型です。

今までに何度も画像を撮ろうと思ってはいたのですが、虫食いが酷かったり、近くに必ずといって良いほどにアミタケが発生していてアミタケの採取にどうしても気がいってしまい画像に収められませんでした。

10月末、森のきのこ狩りは終焉を迎えキヌメリガサ(コンキタケ)や下の方では開ききったチャナメツムタケ、キシメジ、ヤギタケ、シモフリシメジなどが出ているくらいでした。

たまに老菌に近い大きなアミタケが単発に見つかります。

アミタケが生えていると言う事は、オオギタケも生えている?オオギタケが生えてると言う事はアミタケも生えている。

なんて思いながら時間は過ぎてしまい、最後の出口付近でこのオオギタケを見つけました。

この画像を撮っていると、道路に出ていた皆が騒いでいます。

慌てて駆けつけてみるとMさんが大きな紫シメジ5本を見つけていました。この日の最終美でしょう。


地方名
   モチキノコ、カヤモダシ、ウスゴロモ、イグチノハナ、アカタケ

時期
  7〜8月、9月中〜10月

場所  
  松林の地上、アミタケとよく混生する。
  
特徴
  傘の直径3〜6cm、淡紅色で粘性がある。

  柄は白色で下部ほど細く淡紅色、綿毛状のつばを持つ。

  白色のひだが薄黒く変るのが特徴。

料理
  汁物やおろし和え、洋風のスープなどにもあう。

参照:フィールドガイド10 きのこ 小学館 菅原光二 著

















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109221896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。