ナカグロモリノカサ(毒)

ナカグロモリノカサ(毒)

ナカグロモリノカサ(毒).jpgナカグロモリノカサ傘裏.jpg (画像クリックで大きく)

ナカグロモリノカサ(毒)

この画像は平成19年7月9日に上州、気になっていた渓に行った時に写しました。
確か蒸暑くてボサ多く蜘蛛巣も多かった。

詳しくは「かんじ親爺のFF日記」に記載してあります。

下から結構つめて行き、釣った岩魚の画像を撮ろうとした時に逃げられてしまった。この渓ではこれ一匹だった。

白樺林が出てきた2又になった所に、大きなキノコ4本が見えた。

シメジかな?と思って近づいて見ると、「ナンジャコリャ?」名前の知らないこのキノコでした。
正直このキノコを見たのは初めてでした。

傘の赤いシミが薄気味悪くこんなの食べられないやと、きっと毒キノコだろうと思いながら傘裏の画像も撮りました。

翌日、図鑑で調べてこのキノコがナカグロモリノカサ(毒)と解りました。
そして、かんじ親爺のブログに書き込んだ次第です。

その後、本日までこの画像はお蔵入りになっていました。

「日本の毒きのこ」フィールドベスト図鑑

を見ていたら、そお言えばナカグロモリノカサの画像がどこかに入っていたなと思い、探して本日の記載となりました。

この図鑑によりますと

夏〜秋、色々な林内の地上や草地、また路傍などに散生〜群生する。

幼菌時は初め半球型で、成熟するとしだいに平らに開く。

表面は帯灰褐色〜黒褐色の繊維状の鱗片に覆われ、地肌はくすんだ白色で、絹状の光沢があるが、中央部につやがなく、灰褐色から黒褐色で鱗片は目立たない。

傷つくと赤褐色に変色する。

ひだは密で柄に離生し、色は変化が大きく、最初は白色であるが成長につれ淡肉色となり、やがてチョコレート色になる。

肉は白色で雨に打たれると赤みを帯びる。

柄は白色で絹状光沢がある。

基部は膨らみ、傷つけると黄変する。

つばは白色で下面は綿くず状。

ヨードホルムのような強いにおいがある。

中毒症状
    腹痛、下痢などの胃腸系の中毒をおこす。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114675299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。