オシロイシメジ

オシロイシメジ

オシロイシメジ1.JPG オシロイシメジ2.JPG
(画像クリックで大きく)
オシロイシメジ (食? 注意 

毎年、夏になると甲斐の渓にイワナ釣りに出かけます。

8月の渓はどうだったかな?と昨年のブログ(かんじ親爺のFF日記)を見ていたら昨年8月27日に「甲斐の渓のきのこ」でオシロイシメジを記していました。

こちらのブログの記事を調べたら、まだ記していなかったので記載しました。

ここの渓は6月頃にはナラタケサケツバタケなどが生え、

7月頃はヌメリスギタケモドキ 8月にはハナイグチヤマイグチ

ハツタケヌメリスギタケ、シロヌメリイグチやこのオシロイシメジが生えます。

ですから昨年などはイワナ釣りに行ったのですが、イワナ釣りでなくてキノコ採りになってしまいました。

さて、このオシロイシメジなんですが、釣り上がった帰りの作業道(廃道)に輪菌を作って所々に出ています。

2箇所もあれば籠一杯になるのは請け合いですね。

(もちろん釣りですから籠は持っていませんが)

でも、親爺の(白いキノコは採るな!)が脳裏をかすめていつも画像だけです。

本によっては食とか注意とか毒と書いてあり訳の解らないキノコですね。

やはり「白いきのこは採るな!」に従った方がよさそうです。

「2009年10月2日追記」
ある方から言われて食べてみました。

塩水で良く湯でこぼしてから、水に晒していただきました。

試食ですから、大根オロシと醤油でしたが、歯ざわり良く市販されているシメジに似た味?でした。
炒めたり、沢山食べなければ鍋でも何でも良さそうです。

但し、真似してお腹壊しても責任は負いませんです。



参照 小学館 フィールドガイド きのこ 菅原光二 著


地方名
   オシロイカマリ、シロッコ

時期
  9月〜10月
  (この付近は標高1600m位ですから少々早いようです)

場所
  広葉樹や針葉樹の林縁、草地などに群生する。

特徴
  傘の直径2〜6cm、表面は白粉を塗ったように白く、後に淡い
  灰色味を帯びてくる。

  柄の長さは3〜8cm、傘と同色。

  人によっては下痢をすることもあり要注意キノコ。

  塩蔵してから利用するほうがよい。




この記事へのコメント
yahooニュースにもでていましたが危険ですので食べないで下さい。
Posted by at 2012年02月29日 18:57
はじめまして。
コメントのご返事大変遅れまして申し訳ございませんでした。

ご心配おかけいたします。
茹でこぼして、水にさらして食べてしまいました。
Posted by かんじ親爺 at 2012年10月09日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124675930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。