サクラシメジ

サクラシメジ

サクラシメジジ.JPG サクラシメジ 1.JPG サクラシメジ(食).JPG(画像クリックで大きく)

サクラシメジ(食)

このキノコの素晴らしい群落に出合ったのは平成10年9月20日
と「釣り日記」に書いてある。

当時はカメラなど持ち歩いていなかったので画像がないのが残念です。

山梨県K川支流。尺アマゴを釣り、イワナを一挙に大釣りした帰り道でした。

ヤマグチがボッチラボッチラ出ている比較的平坦な森を歩いていると、ピンクっぽい、いやアズキ色の薄い色と言ったほうがいいかな?ボコボコと50本ほど並ぶように出ていました。

サクラシメジだ!思わず駆け寄りました。

群落の美しさと森の美しさに、しばし見とれた覚えがあります。

この時、小型カメラでもあったらいいな〜と思いました。

当時の日記 (現在はダム湖の湖底になってしまった)
当時の日記.JPG(画像クリックで大きく)

こんな事があり、翌年の「釣り日記」からバカチョンカメラで撮った画像をワープロに取り入れ、それを印刷しファイルにして「釣り日記」にしていました。

ですから、画像入りの「釣り日記」になったのはこのサクラシメジのお陰ですね。

昨年、久し振りにこのサクラシメジを2本見つけました。

この時は手の方が先に伸びてしまい、画像を撮りはぐってしまいました。

そして、今年はこの1本だけ。

しかも、この画像を撮っている時に、同じ木の根元の反対側で甥がクロカワ2本見つけました。

もう、あのような群落に合う事はないのかな?


地方名
   ヘイタイキノコ、アカモダシ、ヌノベ、アカンボウ、アカバナ

時期
  9月〜10月

場所
  ブナ、ミズナラ、クヌギなどの広葉樹林内の地上に群生する。

特徴
  傘の直径5〜10cm、時には15cmほどにもなる。

  表面は中央部ほどワイン(ローゼ)色が濃く周辺は淡いサクラ色、
  湿気を帯びると粘性が出る。

  柄の長さは3〜10cm、白色からワイン色でかたくしっかりしている。
  傷がついたりするとワイン色のしみができる。

  列を作って生えることから「兵隊キノコ」ともよばれ、
  大量に採れるので広く親しまれている。


料理
  少し苦味があるので、塩蔵したものを小出しにして使う。

  すぐに食べる時は米のとぎ汁で湯がくとだいぶ苦味が抜けるので、
  その後、濃い味の煮物や、ごま油をたっぷり使った炒め物で味わう。


参照:小学館 フィルドガイド10 きのこ 菅原光二 著
     
  













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。