キヌメリガサとコガネヌメリガサ

キヌメリガサとコガネヌメリガサ

キヌメリガサ 1.JPG(画像クリックで大きく)
キヌメリガサ(食)

先日、お客様が「先生はキノコ採りが好きだから」とポケット図鑑を買ってきて下さいました。

その図鑑(日本のキノコ262 柳沢まさよし:文一総合出版)をパラパラと目を通すとキヌメリガサとコガネヌメリガサの違いが載ってました。

正直、今までは同じキノコだとばかり思っていました。
コガネヌメリガサ.JPG(画像クリックで大きく)
コガネヌメリガサ(食)

よく見ると、キヌメリガサの傘中央付近には橙色はありませんがコガネヌメリガサのほうは傘中央が橙色になっています。

画像ではチョットボケた風に写ってますが、モットはっきりしていたのもありました。

そお言えば発生場所も違っていたようです。
上のキヌメリガサは唐松帯、下のコガネヌメリガサは赤松帯に出ていました。

いずれにせよ、この黄色く可愛いこのキノコが出ているとなんだか寂しい気持ちになってきます。

終盤のキノコなんですね。

10月19日、唐松帯のハナイグチは大きく開いたハナイグチが殆ど、その中でも負けじと小さな黄色いキノコが沢山出ています。

キヌメリガサです、小さいのはイチミリタケなんて勝手に渾名をつけて「放っておけ〜」
なんて言いながら大き目なのをチョビリチョビリ採取してました。

「もうこの一帯は、お仕舞だな」なんて思っているから、半開きのハナイグチは私には見つからず、長男やオカアチャンばかりが見つけてました。

10月26日の日もそうでした。
雑木混じりの赤松帯は黄色い落ち葉や紅色の落ち葉でジュウタンが敷かれたようでした。
落ち葉.JPG(画像クリックで大きく)
先週、両手一杯採れたシモフリシメジは、落ち葉に隠れて見えなくなったためなのか、まったく採取できませんでした。

時たま、苔むした緑の岩に天辺が橙色の黄色く可愛いこのコガネヌメリガサが出ているくらいでした。

落ち葉を踏みしめる音だけが、静かな森の中を響きわたるようでした。

両方共に沢山採取できますが、なにせ小さいキノコです。
傘にゴミなど付いていたら後処理が大変です。

採取しながら根元は綺麗にカットして、傘表面のゴミなどはあらかじめ取り除いてから、別の入れ物に入れた方が良いかと思います。

地方名でコンキタケと呼ばれています。採取するのも根気、下処理するのも根気ですかね。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。