ヌメリイグチ(食)

ヌメリイグチ(食)

〓〓〓〓〓〓.jpg ヌメリイグチ.JPG ヌメリイグチ (幼菌).JPG
(画像クリックで大きく)

ヌメリイグチ(食) 

オカアチャンが初めて見つけた食べられるキノコです。
だからなのか?今回も随分見つけました。ケンチンに入れてもこればかり狙って食べています。

草の隙間からナメクジのようにヌメ、テカとした感じに見えます。一本見つけると傍に数本見つかる時があります。今回一箇所で12本見つかりました。

時期
  6〜7月、9〜11月

場所
  赤松、黒松林の地面など

特徴
  中、大型 傘は粘性が強く、くすんだ栗色

  柄は淡い黄色粒状の黒き細かい点と鍔

  傘裏は細かいスポンジ状で黄色〜薄い黄色

注意  
傘裏のスポンジの付いたまま食べると消化悪く下痢を起こすと
言われています。

さて、続きは食べ方です良かったら御覧になって下さい。







下処理 
   中〜大きいのは傘裏のスポンジをムシリ取ります。
   数の多い時はその後、熱湯でさっと湯がいて冷水で洗い流します。
料理
  大き目のはケンチン汁の具、味噌汁、バター炒めで
  小さいのは、湯がいてから大根おろしと醤油で、和え物、酢の物で

家の光協会:名人が教える、きのこの採り方・食べ方
 参考
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。