オオツガタケ

オオツガタケ

オオツガタケ 1.JPG オオツガタケ.JPG オオツガタケ 2.JPG オオツガタケ.JPG (画像クリックで大きく)
オオツガタケ(食)

20数年前、禁漁まじかの長野の渓に釣りに行った。

イワナは小さいのしか釣れなかったし、釣り人が先行していたので一旦退渓して地図とニラメッコ。

結局、峠を越えた向こうの渓に行ってみる事にした。
ところがこの峠は物凄い悪路。

そんな事知らないで入り込んだ乗用車がスタックしていた。

当時は旧式のパジェロに乗っていたものですから、ワイヤーロープをかけて援護。

少し行くとマウンテンバイクが横転。

急勾配なうえに急カーブ、凸凹、尖った石の連続で峠を越えるまで随分時間が長く感じた。

峠を越えてから、少しは楽な運転になった。少し走った辺りで休憩。

コメツガなどの針葉樹林帯で、なんだか良さそうなキノコが生えていそうなそうな雰囲気。
確かに色々生えていました。

当時は低山のキノコしか知らない私。(ジゴボウくらいしか知らなかった)

ジゴボウ(ハナイグチ)を酒の摘みにと思い採取していると、ポッコンポッコンと旨そうなしっかりした大きなキノコが生えていた。

幼菌二つと成菌一つを持ち帰り、次の日に図書館に行って図鑑で調べたら「オオツガタケ食」と判明。

その晩に、焼いて酢橘をつけて恐る恐る食べてみました。
「イケル、イケル、グーだぜ!」

今はアスファルト林道になり、この場所もすっかり様変わりしてしまったようです。
でも、機会があったらまた行ってみたいな。


地方名
   サマツ、ホンツガタケ

時期
  8〜9月

場所
  ツガ、コメツガなどの針葉樹林内の地上に生える。

特徴
  傘の直径5〜10cm、表面は狐色で湿気を帯びると粘性がます。

  柄は白色で綿毛のような膜におおわれ、ささくれ状、長さ7〜15cm。

料理
  風味に少しの癖もなく、1級の食菌。
  洋風、和風料理にはば広く利用できる。

  (私的には、ホイルの包み焼きにして、ポン酢か酢橘で一杯がいい
  な)
参照 小学館 フィールドガイド きのこ 菅原光二 著









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294115793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。